交通量調査 バイト 募集中!単発・短期の応募はコチラ

交通量調査のバイト 募集中!応募はコチラから≪単発・短期≫

交通量調査は単発で稼げる人気のバイト

交通量調査のバイト 募集中!応募はコチラから≪単発・短期≫

交通量調査ってご存知だと思います。よく幹線道路の脇などでカウンターを押しているやつです。

 

 

あの交通量調査のアルバイトってものすごく人気があるのはご存じだったでしょうか?あれ、すごい注目度で求人情報誌や求人サイトなんかに掲載されたら即応募をしないとすぐに定員が埋まってしまうくらいの人気っぷりなんです。

 

 

 

人気の秘密は何といっても

  • 単発のバイトである
  • 高収入が得られる
  • しかも仕事が簡単で楽である

この3点に集約されています。

 

もしあなたが単発高収入の仕事をお探しなら間違いなく交通量調査のバイトが向いていると思います。ただし、楽な仕事ですがじっと座っているのもそれなりに忍耐力がいるものですよ。ま、あの仕事量で10000円前後いただける仕事もそうそうありませんので臨時収入が欲しい方単純作業が平気な人は是非チャレンジしてみてください!

おすすめ求人サイト

定員がすぐに埋まってしまうので時々チェックをしにきてくださいね!

 

バイトル

圧倒的な求人数で、ダントツの使いやすさがウリの求人サイトです^^
ラグビー日本代表選手がテレビCMしている、今最も使える求人サイト!

>> バイトルはコチラから!<<

 

ジョブセンス

アルバイト

バイトが決まるとお祝い金がもらえるので、ここは絶対チェックです♪

>> ジョブセンスはコチラから!<<

交通量調査のバイトをやってみた!

実際に交通量調査のバイトをしたことがある方の経験談です。
これから交通量調査のバイトをやろうというあなたにとって参考になることもあるかと思います。

 

学生課で見つけた日当1万円の嬉しいバイト!

 

私は大学生の時にいろいろなアルバイトをしましたが、その中でもとてもわりのよかった交通量調査のバイトが大好きでした。

 

交通量調査のアルバイトの見つけ方は大学の学生課にあるアルバイトのファイルの中から見つけていました。とても人気のあるバイトなので電話をかけるともう定員を超えていることも多いので、毎日アルバイトのファイルをチェックするようにして早めに電話をかけていました。

 

わたしは当時福岡県の北九州市に住んでいたので、交通量調査では北九州市内にいくことが多かったです。たとえば、北九州市小倉北区金田という場所や、北九州市門司区の門司駅のすぐ近くの交差点で調査をしていました。

 

仕事内容は、朝7時ぐらいから夕方7時ぐらいまで、ある場所に行って、交差点で車の種類や歩行者、自転車、バイクなどを数えます。数える道具があります。日本野鳥の会の人たちが使うようなものです。

 

それでペアやトリオになっている人と一時間ごとぐらいに交替します。交替して仕事を離れている間は休憩時間です。

 

このアルバイトのメリットはなんといっても一日で1万円ぐらいもらえることでしょう。とてもわりのよいアルバイトだったので、とても好きでした。デメリットは、真夏や真冬は暑かったり寒かったりして体がしんどいことでしょうか。著者はいつも春や秋を狙ってそのバイトをしていたので、大変だと思うことはありませんでした。季節を選んでするというのもよいかもしれません。

 

このアルバイトは、また一緒に組む人とも友達になれるので、とても楽しいと思います。何かを学べるということはないかもしれませんが、アルバイトとしてお金を貯めたい人には最適なバイトです。
(S.K. 39歳 女)

 

 

僕が思う交通量調査のメリットとデメリット

私は27歳の男でTといいます。
私は以前東京で交通量調査のバイトをしました。このバイトはインターネットの求人サイトで見つけて応募しました。勤務した現場は東京都の豊洲のららぽーとで、その際は駐車場への道を走る車を対象に調査をしました。

 

 

仕事の内容は、配置された場所で走る車の量を数えるというものです。ただ単に車の量を数えるだけでなく、軽自動車やトラックなど種類別に分類したりしました。作業時間は朝の9時から夜の7時までで、2時間おきに1時間の休憩がありました。私の場合は対象が車でしたが、配置によっては調査の対象が人の場合やバイクの場合もありました。

 

 

私の感じた交通量調査のバイトのメリットは時給が良いことと仕事が簡単なことです。時給は1000円以上でした。仕事自体はとても簡単なので、誰でもできると思います。デメリットは仕事が単調なことです。ずっと同じことの繰り返しなので、ある程度の忍耐力が必要になります。

 

交通量調査のバイトは仕事内容が簡単ですので、とてもお勧めです。忍耐力は必要になりますが、同じことを繰り返し作業することが得意な人にはとても向いている仕事だと思います。また時給も良いので1日に1万円以上を稼げる現場も多く、お金に困ったときは是非やってみてください。

 

千葉県松戸市国道6号線の交通量調査体験

 

私は29歳女性のRです。私が以前経験した交通量調査についてお話ししたいと思います。

 

交通量調査は基本的に単発のお仕事でバイト料も良いと聞いたことがありました。当時大学生だったのですが、その大学ではさまざまなバイト募集の掲示板がありました。

 

 

定期的に掲示板を見ていたらある日、交通量調査のバイト募集がありました。お仕事の日程も問題なかったので早速その会社にお応募の電話をしました。その会社は人材派遣会社でした。

 

交通量調査の場所は千葉県松戸市国道6号線で日曜日に行いました。全員で20から30人くらいスタッフがいたと思います。交差点で車種別に数を数える人と、信号で止まった車が次の青信号で進めなかった台数を数える人との2種類の仕事でした。

 

 

私は1日でどちらのお仕事も経験しましたが、前者は交差点の所で座り、車種別に台数を数えました。大まかに乗用車、大型、2種などだったと思います。とても交通量の多いところだったので忙しかったですが慣れると楽しかったです。

 

後者は赤信号でとまった最初の車を確認する人と信号で止まった最後の車を確認する人と2人いて何台がまた赤信号で止まるか数えました。2人で連絡とりあいながらやったので楽しかったです。

 

私が仕事をしたのは秋ごろだったので暑くも寒くもなかったですが、やはり真夏と真冬は大変だと思います。しかし、給料がいいのはとてもよかったです。特にスキルは必要ないし、男女とも関係なくできる仕事なのでぜひ興味のあるかたはやってみてください。

 

富山の交通量調査バイトはWebで見つけた!

私は26歳の男性で、大学時代は富山に住んでいました。

 

というのも出身大学が富山大学で最初の1年と少しは学生寮に入っていました。

 

その際に先輩にすすめられて交通量調査のバイトを何度かしたので、その際の思い出などを今回は書きたいと思います。

 

 

交通量調査の求人の募集はウェブサイトで探しました。具体的に何処で交通量調査のバイトをしたかはよく覚えていませんが、覚えているのは神通川にかかる橋や大学前の道だったと思います。

 

 

そこで2〜3人がペアになりそれぞれ通行方法毎にカウントをしていくという方法でした。

 

富山大学という学校の学生街なので人がものすごく流れがあり、慣れるまではとても大変でした。そしてなにより集中力と精神力をこれでもかというほど使います。

 

特に私の場合、大学の講義が始まる前や終わったあと、昼休み時間などは、恐ろしく消耗します。

 

ここら辺は慣れである程度は緩和しますが、身体が疲れず精神が疲弊するという性質があるので、なれない人は本当に向かない仕事だと思います。

 

また富山という地域上、冬場は本当にきつかったです。メガネに雪が着雪し体温で融けるもまた寒さで氷になりという悪循環で視界が殆ど利かなかったときほど、コンタクトレンズにすれば良かったと思う瞬間でした。なのでメガネ派の人は天候には気をつけてください^^;

 

まぁ夏は夏で大変なこともあるのですが。。

 

季節に関係なく注意しないといけないのがトイレ問題です。

 

 

幸い富山市内なのでコンビニなどのだれでも入れる場所にトイレがあったのですが、やはり調査中にこれらに襲われると集中力を著しく削られるので、必ずトイレにはいける時に行くという習慣をつけておくことをお勧めします。

 

もちろん水分や糖分は適度に摂取するということも忘れないで下さい。

 

 

特に熱中症でダウンしたバイト仲間を知っているので、自分は大丈夫やこれくらいならは絶対にダメです。

 

そして気になるお給料なのですが、詳しくは忘れましたが、給料はものすごく羽振りがよく、私の場合は、即日支給だったので学生時代の私は結構この交通量調査のバイトに助けられました。短期的にそれなりのお金が欲しい人にはいいバイトではあると思います。

 

 

まとめとしては短期や単発でそれなりに稼げる仕事ではあります。ただし他のバイトに比べて拘束時間が長い傾向があると私は思っています。

 

私のように学生街での仕事のように、休憩場所やトイレ場所がある程度確保できるのであればいいのですが、そうでないと結構辛く、天候やその土地の気候にも左右されやすいのも特徴です。

 

また交通量調査の仕事の性質上ほとんど人とのコミュニケーションが無く、人疲れはしませんが、寂しく感じる時はあります。

 

メリットデメリットが結構はっきりしているので、合う人にはとことん勧めることが出来るバイトです。

 

 

「交通量調査のバイト 募集中!応募はコチラから≪単発・短期≫」のご紹介でした♪

 

>> 定員が埋まってしまいます。ちょくちょくチェックしてください!<<